DsN8_N6V4AAQDsh


    592: 名無し草
    織田君両手に花


    【両手に花?織田信成さんがリプニツカヤちゃんとラジオノワちゃんとのスリーショットを公開】の続きを読む

    DsNbjInUcAAe9DE


    335: 名無しさん
    松葉杖をついて会見場に姿をみせた羽生は「右足首がもろいので、ちょっとしたことでけがになってしまう。事故みたいなもの」に苦笑い。「この状態である程度、がんばることができた」と胸を張った。

    20181117s00079000510000p_view

    ソース(全文)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000616-sanspo-spo



    【松葉杖をついて歩く羽生選手。エキシビションは欠場が決定。右足首の怪我の具合が心配でならない】の続きを読む

    DsOQiKQWoAYkG9H


    フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯最終日(17日、モスクワ)女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が合計222・95点で優勝した。

    日本勢はSP5位の白岩優奈(16)=関大KFSC=が180・93点で5位、同9位の山下真瑚(15)=愛知・中京大中京高=が161・22点で7位、同8位の松田悠良(20)=中京大=が137・99点で9位だった。

    「アリーナ」と声援が飛ぶ地元開催のGPで、ザギトワが本領を発揮。母国大会のプレッシャーをはねのけ、期待通りの演技を披露した。

    氷上での表情は険しいが、素顔は16歳らしい。飼っている秋田犬「マサル」と大会中は会えず、両親から送られたマサルの動画を見て心を和ませている。リンクに上がれば全てをスケートにささげる。自らに厳しい五輪金メダリストに油断は見当たらない。


    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000502-sanspo-spo





    ロシア杯2018:アリーナ・ザギトワ:FS





    【ロシア杯2018。女子FSはアリーナ・ザギトワが優勝。白岩優奈は5位】の続きを読む

    DsNGFTpVAAABHts


    352: 名無し草
    呟くの早いwww 
    友野くん 

    エキシビ出れるの嬉しいです。







    DsNEM27VAAEqfdl



    1位羽生結弦278.42
    2位モリス248.58
    3位友野一希238.73
    4位コリヤダ225.42
    5位キーガン220.75






    ロシア杯2018:友野一希:FS


    DsNN9C8UUAE-pdc



    【ロシア杯3位と表彰台入りした友野一希選手。エキシビション出演決定を喜ぶ】の続きを読む

    412: 名無し草
    ◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦ロシア杯 最終日(17日)
    男子フリーはSPで世界最高得点を記録した羽生結弦(23)=ANA=が167・89点、合計278・42点で優勝した。第3戦フィンランド大会に続く連勝。日本男子最多のGP10勝目をあげた。

    公式練習中に4回転ループで転倒し右足首を負傷した。医師の診断は「3週間の安静」だったが、構成の難易度を落として強行出場。GPファイナルと全日本選手権については「厳しいと思う」と口にした。

    会見場には松葉杖で現れた。「公式練習の時に足をひねってしまって。去年ほどのけがではないが、痛い状況です。構成を変えることで何とか試合に出られたが、いい演技をできなくて残念です。ロシアの地で完成したフリープログラムをしたかった。残念。でもこの状況である程度がんばることはできたと思う」と話した。

    20181117s00079000508000p_view

    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000202-sph-spo



    【右足を負傷した羽生結弦選手の診断は3週間の安静。GPファイナルと全日本出場に黄色信号】の続きを読む

    <フィギュアスケート:GP第5戦ロシア杯>◇17日◇モスクワ◇男子フリー

    ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)が試合直前の右足首の負傷をものともせず、フリーで167・89点を出し、合計278・42点で優勝した。

    日本人最多のGP10勝目をあげ、5度目の優勝が懸かるGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。

    試合開始の約5時間前、練習中の羽生に思わぬアクシデントが起こった。8時20分の練習開始から約20分。フリーの曲がかかり、冒頭の4回転ループで体勢を崩した。着氷する右足首を折り曲げながら、転倒。体を氷上に伏して数秒動けなかった。再び立ち上がり、ゆっくりとリンクを回ったが、右足を気にする様子で曲が終わらぬうちに練習を切り上げた。

    その20分後。会場から出てきた羽生は右足首の患部にアイシングを施していた。「大丈夫ですか?」という報道陣の呼びかけには「大丈夫です」。右足をやや引きずりながらも出場への意志を見せた。宿舎に戻ると患部を冷やして治療するとともに、オーサーコーチらと右足に負担をかけない演技構成プランを練り直し、試合に備えた。

    昨年11月のNHK杯の悪夢がよみがえった。SP前日の公式練習で4回転ルッツを跳び、転倒。右足首があらぬ方向に曲がった。翌日になっても患部の痛みは消えず、のドクターストップで、涙を流して棄権した。GPファイナルどころか、翌2月の平昌五輪まで痛みが長引く重症だった。

    痛みにこらえた五輪と同様、どうしてもロシアの地で最後まで滑りたかった。今季のフリーは、敬愛するロシアの“皇帝”ことエフゲニー・プルシェンコ氏の代表作「ニジンスキーに捧ぐ」の曲を使う「Origin」。ソルトレークシティー五輪での4回転ジャンプの激戦を制したプルシェンコ氏の姿が「五輪で金メダルを取りたい」と夢を描くきっかけだった。16日のSP後には「フリーはプルシェンコさんに向けて頑張りたい」と演技を彼にささげると宣言していた。

    今回のけがの診断は現段階で不明。2季ぶりのGPファイナル、その後の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)出場は、足の状態次第となりそうだ。

    DsNCv_NVAAAIQwM


    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00395180-nksports-spo





    DsNEHsiU4AIUWtY


    リザルト

    http://www.isuresults.com/results/season


    フリー得点
    http://www.isuresults.com/results/season


    プロトコル
    http://www.isuresults.com/results/season






    ロシア杯2018:羽生結弦:FS








    ロシア杯2018:モリス・クヴィテラシヴィリ:FS







    ロシア杯2018:友野一希:FS




    【ロシア杯2018。フリー演技が終了し羽生結弦選手が優勝。足負傷乗り越え日本人最多GP10勝。友野一希選手は3位】の続きを読む

    このページのトップヘ