DsJ0U89UwAAxajZ


    18: 名無し草
    17日(土)()内が日本時間 
    08:20(14:20) 男子FS公式練習2G(羽生曲かけ4番目) 

    13:30(19:30) 男子FS 
    1G 
    19:30 6練 
    19:37 ケリー (9) 
    19:45 ラズキン (11) 
    19:53 ジュリアン (12) 
    20:01 キーガン (7) 
    20:08 ドミトリエフ (9) 
    20:16 コリャダ (8) 
    2G 
    20:24 6練 
    20:32 友野 (4) 
    20:39 フェンツ (5) 
    20:47 クラスノジョン (6) 
    20:55 羽生 (1) ☆ 
    21:03 マヨロフ (3) 
    21:11 モリス (2) 
      

    18日(日) 
    09:00(15:00) EX練習 
    14:00(20:00) 表彰式 
    15:00(21:00) EX 
    19:00(25:00) バンケット
    【ロシア杯今夜フリーの試合開始。スポーツ紙の一面は羽生結弦選手】の続きを読む

    フィギュアスケートの羽生結弦が17日、GPシリーズ第5戦ロシア杯の公式練習で右足首を捻り、練習を途中で切り上げるアクシデントに見舞われた。 

    曲かけ練習中の4回転ループで転倒。曲が流れている最中に練習を切り上げた。会場を後にする際には右足首をアイシング。「お疲れ様です。ありがとうございました」と語り、足の状態の問いかけには「大丈夫です」とだけ言葉を残した。

    前日16日の男子ショートプログラム(SP)では、ルール改正後の世界最高得点を更新する110・53点をマークし、首位発進していた。


    20181117s00079000241000p_view

    ソース
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/17/kiji/20181117s00079000244000c.html




    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/



    【曲かけ練習で羽生結弦選手が転倒。右足首ひねり練習切り上げる。問いかけには「大丈夫」】の続きを読む

    DsI2Ld_UcAYiNH7

    101: 名無し草
    ロステレリプ 










    【ロシア杯2018にリプニツカヤちゃんが観戦しに来ている事が判明。羽生選手を見に来たのかな?】の続きを読む

    DsJJ_9nVsAAZcG1


    フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦・ロシア杯は16日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が今季世界最高となる80・78点で首位発進を決めた。

    GPシリーズ第3戦フィンランド大会のSPでは68・90点に終わり、浮かない表情だったザギトワ。だが、地元大会では会心の演技を披露。80点を超える得点を叩き出した。

    22年の北京五輪を目指してクラウドファンディングで活動費用を募ったことが話題となった白岩優奈(関大KFSC)は60・35点で5位。シニアのGPデビューだった10月のスケートカナダで2位に入った山下真瑚(中京大中京高)は転倒が響き、51・00点で9位と出遅れた。松田悠良(中京大)は52・00点で8位だった。

    DsJNG6OXgAIBYIW


    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000172-spnannex-spo



    DsJNdNRX4AAP8h5


    ロシア杯女子SPプロトコル
    http://www.isuresults.com/results/












    ロシア杯2018:アリーナ・ザキトワ:SP





    【ロシア杯2018。女子SPアリーナ・ザギトワが首位発進。白岩優奈は5位】の続きを読む

    DsIKwTwWoAE-Cnw



    429: 名無し草
    ロシア実況席わらた 


    動画

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/

    【タラソワコーチも思わず立ち上がる・・・羽生選手の演技に感動している様子が激写される】の続きを読む

    DsICSzuWsAAcq2a

    フィギュアスケートのグランプリシリーズロシア大会は16日、前半のショートプログラムが行われ、羽生結弦選手が前回大会で自身が記録した今シーズンの世界最高得点を更新する110.53をマークしてトップに立ちました。

    オリンピック2連覇の羽生選手は16日、今シーズンの自身のグランプリシリーズ2戦目となるロシア大会、前半のショートプログラムの演技に臨みました。

    羽生選手は冒頭の4回転サルコーをほぼ完璧に決めて勢いに乗り、続く得意のトリプルアクセルと得点が1.1倍になる後半の4回転トーループと3回転トーループの連続ジャンプもスムーズに着氷しました。

    羽生選手は、スピンとステップでも最高評価のレベル4を獲得し、前回のフィンランド大会のショートプログラムで自身が記録した今シーズンの世界最高得点をおよそ4点上回る110.53をマークして、2位に20点以上の差をつけてトップに立ちました。

    カナダ大会で9位だった20歳の友野一希選手は、ジャンプで着氷が乱れ、82.26で4位でした。

    後半のフリーの演技は、17日に行われます。

    ソース(全文)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/k10011713931000.html









    【羽生結弦選手がショートプログラムで今シーズン世界最高得点を更新】の続きを読む

    2p6aHpb


    496: 名無し草
    プレカン動画 








    【SPを終え記者会見に応じる羽生結弦選手。どこにいても記者の数が凄い】の続きを読む

    このページのトップヘ