2015年01月

    フィギュアスケートの欧州選手権は30日、ストックホルムで男子フリーを行い、ハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)は173・25点、ショートプログラム(SP)との合計を262・49点として3連覇を果たした。同大会男子の3連覇は1987年~89年のアレクサンドル・ファデーエフ(旧ソビエト連邦)以来の快挙となった。

    SPでもトップのフェルナンデスは3回の4回転ジャンプを予定していたが、冒頭の4回転トーループはきれいに決めたものの、コンビネーションに組み入れていたサルコは3回転となり、もう1回は転倒。滑走後の表情は冴えなかったが、ほかの選手にもミスが出て、2位に25点以上の差を付けての優勝となった。

    フェルナンデスは安藤美姫(27)と交際しており、フリーの前には「インスタグラム」でフェルナンデスを含むSPトップ3の選手に「今日も輝いて!」とエールを送られていた。

    ロシア王者のマキシム・コフトゥン(19=ロシア)が157・47点、合計235・68点でSP4位から順位を上げて2位、前回2位のセルゲイ・ボロノフ(27=ロシア)が151・99点、合計233・05点で3位に入った。

    10245945_1537084559879485_915495432_n







    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00000005-spnannex-spo


    【安藤美姫の願いが届いた・・・恋人のハビエルフェルナンデスが欧州選手権3連覇達成!】の続きを読む

    このページのトップヘ