2015年03月

    フィギュアスケートの世界選手権で銀メダルを獲得した羽生結弦(が30日夕、中国・上海から羽田空港に帰国した。

    めがね姿で到着ロビーから姿を見せた。出迎えたファンから「おつかれさま」とねぎらいの言葉をかけられ、笑顔で応えていた。

    「帰国するとやっぱりホッとする」と話し、日本人初の連覇を逃したことに「優勝ならすがすがしいと思うけど…。悔しい気持ち」と心中を語った。

    oo


    海外での試合にもかかわらず大きな声援を受け、「大舞台で、自国並みの応援を送ってくれた。とてもうれしかった」とファンに感謝した。

    国別対抗戦の出場については未定とし「出るなら頑張る、出ないならしっかり回復させて、来季につなげたい」と話した。



    ffff
     

    ooo


    tr


    oooo






    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000069-nksports-spo 

     
    【羽生結弦が爽やかなめがね姿で帰国・・・国別対抗戦の出場は未定との事】の続きを読む

    1: 名無しさん@お腹いっぱい 2015/03/30(月) 14:22:56.91 ID:???*.net
    28日の男子フィギュアスケート世界選手権で2位に終わった羽生結弦(20)。

    ショートでは首位に立ったものの、フリーでは冒頭の4回転ジャンプを連続ミスするなど、本来の調子とは程遠い内容だった。

    昨年11月の中国杯での他選手との激突や、翌月の腹部手術、さらには1月の右足首捻挫による練習不足などが重なって調子が上がらなかったと言われる羽生。中でも厄介なのが、昨年12月に手術を受けた「尿膜管遺残症」だという。

    尿膜管とは、生まれた時に付いているへその緒と膀胱をつなぐ管のこと。本来ならこの管は生後、自然になくなっていく。羽生は昨年末、この管が体内に残存していることで腹痛を誘発していたことが判明。

    すぐに緊急手術で除去したが、患部の異常や後遺症などが残る可能性があるというのだ。

    フィギュア選手にとって下腹部はジャンプの際に最も力を入れる重要な部分。

    そこに不安を抱えるとなれば、本来の精度の高いジャンプに影響が出ると心配されているのである。連覇を狙う18年の平昌五輪まで3年。時間が解決してくれればいいのだが……。

    dbe5974538f06bcc116c354620a7fa0d20150330112825402


    ソース
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158464

    【想像以上に深刻な病状だった・・・満身創痍で世界選手権銀を獲得した羽生結弦の体調は今後どうなるだろうか】の続きを読む

    01: 氷上の名無しさん 2015/03/29(日) 09:12:59.26
    フィギュアスケート世界選手権女子で銀メダルを獲得した宮原知子(17)が、快挙から一夜明け、改めて喜びをあらわにした。

    「まだしっかりとした実感がない。自分でもビックリしているけどうれしい」

    28日のフリー後は、これまで話したことがなかった海外の選手から声をかけられ、知名度が一気に上がったと実感。優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワ(18)=ロシア=が、ショートプログラム(SP)でトリプルアクセルを決めたことに、「1年で急に跳べるようなジャンプじゃない。

    少しずつ跳べるようになればいい」と習得に意欲を示した。

    2013年世界ジュニア選手権では、SPとフリーで計9度も回転不足を取られる屈辱を味わったが、「少しずつでもよくなればいいと思った」と地道な努力を続けた。2018年平昌五輪へ、「3年後に向けていいスタートがきれた。1年ごとに自分も狙える選手になってきている。

    もっと自信をつけてがんばりたい」と意気込んだ。

    myh228-jpp018938101


    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000514-sanspo-spo 

     
    【凄い快挙・・・銀メダル獲得の宮原知子「まだ実感がない」としながらも喜びをあらわに】の続きを読む

    このページのトップヘ