リプニツカヤ

    フィギュアスケートのロシア選手権は26日、エカテリンブルクで行われ、女子フリーでグランプリ・ファイナル覇者の16歳、エフゲニア・メドベジェワが155.44点をマークして前日のショートプログラムに続いて1位となり、合計234.88点で優勝した。
     
    国内大会のため得点は公認されないが、金妍児(韓国)が持つフリー150.06点、合計228.56点の歴代世界最高を上回った。SPでも浅田真央が保持する歴代世界最高の78.66点を上回る79.44点を出した。


    12353176_1544719609187122_1826028814_n


    ソース

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000031-jij-spo 



     


    1r8ioy8JNHs




    【ロシア選手権でメドベジェワが優勝。非公認も世界最高得点上回る。リプニツカヤは7位に終わる】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 15:24:05.33 ID:CAP_USER*.net
    リプニツカヤ&ロシアのフィギュア美少女写真集が12/10発売に

    ロシアの妖精 リプニツカヤ

    ロシアのフィギュアスケート選手の中でも非常に人気の高い、「ユリア・リプニツカヤ」を中心に据え、ロシアの女子選手たちを紹介するフィギュアスケートのムックが来る12月10日に発売される。

    書名は「銀盤の妖精 ユリア・リプニツカヤ」(コアムックシリーズNo.674/コアマガジン発行、1500円+税)。ソチ冬期オリンピックで団体戦で金メダルを獲得し、その他にも輝かしい成績を多数あげている彼女だが、本人の勝気なコメントからネットでは「リプニツカヤ兄貴」とも呼ばれ慕われる。

    ロシア以外でも日本国内にファンが多く、似顔絵イラスト等がネット大量に投稿されていたのは多くの人が知るところだ。最近はインスタグラムに、成長したセルフショットを多く掲載し、それもネットで多数報じられているほどの人気ぶりが続いている。

    一部ファンからはスポーツ目線で取り上げているのかということを心配されていたが、編集部によれば「スポーツ目線で編集しています」とのこと。
    なお、リプニツカヤの他にも、エレーナ・ラジオノワ、エフゲニア・メドベデワ、アンナ・ポゴリラヤ、エリザベータ・トゥクタミシュワを紹介している。

    綴じ込み付録として570mm x 380mmの両面ポスター(リプニツカヤ/ロシアの妖精たち)つき。この写真満載のムック、全国書店やネット書店で予約が開始されている。チェックしておきたい。

    おすすめムック:「銀盤の妖精 ユリア・リプニツカヤ」(コアムックシリーズ/コアマガジン)

    uuu




    【リプニツカヤ&ロシアのフィギュア美少女写真集が12/10に発売】の続きを読む

    c792721a74333c6cb20f05ce4133f0a7401729c21448175831-s


    181: 名無し草 2015/11/23(月) 14:27:04.26 .net
    ロシア凄いよな 
    リプマダムラジポゴメドベサハみんな可愛い

    【楽しみが奪われた?妄想でも秘かに期待していた羽生結弦とリプニツカヤの関係に終止符が打たれ呆然とするファンが少なからずいるみたいだ】の続きを読む

    このページのトップヘ