樋口新葉

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で3位に入った樋口新葉(14)が10日、フィンランド航空機で成田空港に帰国した。日本女子の表彰台は2010年に優勝した村上佳菜子以来5大会ぶり。

    「ショートプログラム(SP)は緊張していつもの感じを出せなかったけど、フリーはすべてを出せた」

    昨年12月のジュニアグランプリファイナルに続く3位に声を弾ませた。来季へ向けて、トリプルアクセル習得を目指す。1992年アルベールビル五輪銀メダルの伊藤みどりさんや2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央のジャンプを動画投稿サイト「ユーチューブ」で研究。「2人とも高さがあってきれいなジャンプ」と尊敬のまなざしを向けた。

    来季後半までの習得を目標としており、試合での投入も視野に入れる。今季休養している真央と面識はないが、「どうやったら(ジャンプに)高さが出るか聞きたい」と興味津々だった。

    20141230-00000011-dal-000-view


    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00000512-sanspo-spo 

     
    【帰国した樋口新葉が尊敬する浅田真央に「どうやったらジャンプに高さが出るか聞きたい」と興味津々】の続きを読む

    1: 名前が無い@ただの名無しのようだ 2015/03/07(土) 06:12:06.01 ID:???*

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は6日、エストニアのタリンで行われ、女子でショートプログラム3位の樋口新葉がフリーで2位となり、合計185・57点で3位となった。

    日本女子選手の表彰台は2010年に村上佳菜子が金メダルを獲得して以来5年ぶり。ジュニアGPファイナル覇者のエフゲニア・メドベデワが合計192・97点で優勝した。

    SP4位の坂本花織は6位、同6位の永井優香は7位だった。

    4日のSPで自己ベストを更新する会心の演技を披露した樋口は、この日もほぼノーミスの滑り。冒頭の3―3回転ジャンプを皮切りに、7回のジャンプを全て着氷させるなど安定感を見せつけ、国際大会での自己ベストを大きく更新した。

    14歳のホープは「いつもよりも楽しく滑ることができてうれしい。いい経験ができた」と初の世界ジュニアを振り返り、来季に向け「表現力とか磨いて、さらにレベルアップした自分を見せたい」と早くも来季に目を向けていた。




    樋口新葉:世界ジュニア選手権2015フリー








    世界ジュニア選手権2015:女子表彰式


    1Evgenia MEDVEDEVA
    RUS
    192.9711
    2Serafima SAKHANOVICH
    RUS
    186.1523
    3Wakaba HIGUCHI
    JPN
    185.5732
    4Elizabet TURSYNBAEVA
    KAZ
    173.4474
    5Maria SOTSKOVA
    RUS
    169.04105
    6Kaori SAKAMOTO
    JPN
    166.2546
    7Yuka NAGAI
    JPN
    163.9367
    8Karen CHEN
    USA
    157.30128
    9Da Bin CHOI
    KOR
    156.3899
    10Diana NIKITINA
    LAT
    148.631310
    11Nicole RAJICOVA
    SVK
    143.77513
    12Anastasia GALUSTYAN
    ARM
    140.741112
    13Jenni SAARINEN
    FIN
    139.50815
    14Lutricia BOCK
    GER
    137.901711
    15Guia Maria TAGLIAPIETRA
    ITA
    134.061414
    16Kailani CRAINE
    AUS
    125.941816
    17Elizaveta UKOLOVA
    CZE
    123.442017
    18Deimante KIZALAITE
    LTU
    120.021619
    19Tyler PIERCE
    USA
    118.211922
    20Lea SERNA
    FRA
    118.072118
    21Xiangning LI
    CHN
    116.982420
    22Juni Marie BENJAMINSEN
    NOR
    116.852221
    23Niki WORIES
    NED
    115.731524
    24Shuran YU
    SIN
    112.612323
     Julia SAUTER
    ROU
    FNR25
     Selena ZHAO
    CAN
    FNR26
     Danielle HARRISON
    GBR
    FNR27
     Ivett TOTH
    HUN
    FNR28
     Kim DEGUISE LEVEILLEE
    CAN
    FNR29
     Eun Su YOON
    KOR
    FNR30
     Lara ROTH
    AUT
    FNR31
     Anita ヨSTLUND
    SWE
    FNR32
     Netta SCHREIBER
    ISR
    FNR33
     Kristina SHKULETA-GROMOVA
    EST
    FNR34
     Elif ERDEM
    TUR
    FNR35
     Alina BELETSKAYA
    UKR
    FNR36
     Michaela DU TOIT
    RSA
    FNR37
     Maeva GALLARDA
    ESP
    FNR38
     Pernille SORENSEN
    DEN
    FNR39
     Daria BATURA
    BLR
    FNR40
     Maisy Hiu Ching MA
    HKG
    FNR41
     Matilde GIANOCCA
    SUI
    FNR42
     Thita LAMSAM



    ソース

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000138-spnannex-spo


    【次世代の金メダリスト候補・・・樋口新葉が世界ジュニア選手権で3位に!日本女子では5年ぶりの表彰台】の続きを読む

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は4日、エストニアのタリンで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で全日本選手権3位の14歳、樋口新葉が自己ベストを0・90点更新する61・27点をマークし3位につけた。

    同じく14歳の坂本花織は58・72点で4位、16歳、永井優香が56・93点で6位につけ、いずれも6日のフリーに進んだ。

    樋口はフリップ―トーループの連続3回転でわずかに着氷が乱れたものの、スピンとステップは全て最高難度のレベル4を獲得。「納得できる演技ができた」と頬を紅潮させて喜んだ。

    躍動感に加えて、1メートル50に満たない小さな体を目いっぱい使った、表現の大きさも目を引いた。昨年12月のジュニアグランプリ・ファイナルで3位、全日本選手権で浅田真央以来となる中学2年での表彰台に立った。飛躍のシーズンを締めくくるフリーに向け「表彰台を目指して大きなミスなく滑り切りたい」と力を込めた。

    i





    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000068-spnannex-spo 


     
    【樋口新葉が世界ジュニア選手権2015で躍進。自己ベストで3位好発進】の続きを読む

    20141227-OHT1I50072-S


    401: 名前が無い@ただの名無しのようだ 2015/02/05(木) 17:14:43.03 ID:V41lEvbr0
    青木 真央 
    樋口 安藤 
    本田 村主 
    こんな感じ。 
    代理戦争楽しみだな

     
     
    【樋口新葉は将来金メダルを十分に狙える選手だと思うけどパワースケートタイプは珍しいよね】の続きを読む

    このページのトップヘ