小塚崇彦

    20141206_489259

    949: 氷上の名無しさん 2016/01/01(金) 18:51:45.99 ID:Y6EFrC4y0.net
    あけおめ 
    新年最初のインスタ更新キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    10249093_449401388597723_673076986_n



    むむむ?

    #謹賀新年
    #正月から
    #働いてるから
    #わざとなのだろう
    #うん、そうだろう。
    #あ
    #皆様、
    #あけまして
    #おめでとう
    #ございます。
    #本年も
    #よろしく
    #お願いいたします。


    小塚崇彦インスタグラム
    https://www.instagram.com/takakozuka/



    【小塚崇彦が新年最初の挨拶をインスタグラムで公開。食事に関してもグルメになっていそうだ】の続きを読む

    12317934_164777080549938_551169901_n


    885: 氷上の名無しさん 2015/12/27(日) 22:51:42.15 ID:fQrTWz/C0.net
    元々強かった選手が若手に負けていくのを見るのは辛いものだ 
    アマチュアで表彰台に乗ろうと思ったら4回転2種類は最低でも必要な時代に入って来てるけど 
    アマチュア続ける意義って有るのだろうか?


    【若手の台頭に栄光の陰・・・小塚崇彦の去就に注目が集まってるけどファンの間ではまだまだ現役の姿を見ていたいとの声が上がっている】の続きを読む

    フィギュアスケート全日本選手権第2日・男子フリー

    小塚は演技直前の練習で靴ひもが外れるハプニングに見舞われた。

    ジャンプを跳んだ瞬間に「靴ひもがホックからすぽんと抜けてしまった」。慌てて結び直し、30秒ぎりぎりでスタート位置についたが「いつものルーティンをこなせず始まってしまった」と動揺は隠しきれなかった。前半は立て続けにジャンプをミス。後半は持ち直したが5位に終わり「ああいうことが起きて残念」と苦笑いするしかなかった。

    CXKD2EpUoAMWT6B

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000056-spnannex-spo 

     
     



    全日本選手権2015:小塚崇彦:フリー


      【小塚崇彦が5位に終わった全日本選手権2015。フリー演技直前の靴ひもが外れるハプニングには苦笑い】の続きを読む

    フィギュアスケート全日本選手権

    GPファイナルで銅メダルを獲得した18歳の宇野昌磨(中京大中京高)は「ショートはノーミスが一番の目標」と意気込みを語った。

    非公式練習ではフリー「トゥーランドット」で氷の感触を確かめた。今大会では構成に入れないと話す4回転サルコーやループにも挑戦。初の世界選手権切符獲得へ「とても出たい。自分が満足いく演技をすれば、結果はついてくる」と冷静だった。

    AS20151224004731_comm

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000049-spnannex-spo 


     




    【宇野昌磨、世界選手権出たい!「満足いく演技すれば結果ついてくる」&小塚崇彦いざ全日本選手権で満足のいく演技に挑む】の続きを読む

    選手の数だけそれぞれの物語がある。笑顔、涙、怒り……こうした表情とともにこれまで多くの名場面が生まれてきた。後世まで脳裏に刻んでおきたいフィギュアスケートの記憶を写真で切り取る。


    201512200002-spnavi_2015122000005_view



    【坂本清】
    ジャンプの着地でバランスを崩しながらも、必死に耐える。そこから代名詞の流れるようなスケーティングに移る。小塚崇彦の鬼気迫る演技に思わず胸が熱くなった。前日のSPは、全日本選手権では過去2番目に悪い結果となる6位スタート。足のケガもあり、GPシリーズでも不本意な成績に終わるなど、限界説もささやかれていた。

    「練習では調子が悪くなかっただけに残念です。ただこの結果を引きずっていても仕方ないですし、もう後がないのでFSでは小塚崇彦らしい演技を見せたいです」

    201512200002-spnavi_2015122000006_view


    その決意どおり、FSで彼は攻めた。4回転ジャンプを2本入れ、あえて難度を上げた構成で挑んだ。演技が進むにつれて疲れが見え始めたものの、決して倒れない。『イオ・チ・サロ』の情感あふれた旋律と美しいヴォーカルが、彼の滑りと見事にマッチする。そこに限界なんて微塵も感じられなかった。終わった瞬間、彼はこれまで見せたことがないような大きなガッツポーズで喜びを表した。FSの得点は173.29点。一気に3位まで浮上し、世界選手権の出場権も獲得した。


    「自分自身でうるっとくるというか、こみ上げてくるものを抑えられなかった。本当に気持ちがよかったです。まだできるし、まだ体も動く。気持ちもまだ切れていなかった。この結果を大事にしたいと思います」

    追い込まれた男が見せた土壇場での復活劇。その魂の名演に称賛の拍手はいつまでも鳴り止まなかった。

    ソース
    http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201512200002-spnavi 


     
    【小塚崇彦の感動を呼んだ魂の名演。全日本選手権へ向けて最終調整を行う】の続きを読む

    このページのトップヘ