宮原知子

    フィギュアスケート全日本選手権第2日・女子SP

    大会連覇を狙う宮原知子が、SPでただ一人の70点台となる73・24点をマークし、首位に立った。

    演技冒頭、ルッツ―トーループの2連続3回転ジャンプで1点以上の加点を引き出した。「自分が思ったよりうまくできた。(踏み切りで)エッジを意識しすぎず、何度も跳んだ。いまは大きな失敗はしない自信がある」と胸を張る。宝塚歌劇団出身者に指導を仰いで磨いた表現力で、「ステップは弾けるように思いきって滑った」。演技点でも浅田を上回った。

    2連覇へ、2位本郷に5点近い差をつけた。フリーは「初恋」をテーマに、柔らかな旋律で舞う。浅田が復帰した全日本で、真のエースへ。「凄くショートでいい演技ができた。フリーもいい演技で終わらせることができるように落ち着いて滑りたい」と自信をにじませた。

    m0020517747

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000141-spnannex-spo 



      【SP首位の宮原知子「自分が思ったよりうまくできた。いまは大きな失敗はしない自信がある」】の続きを読む

    CXD7yhEUoAAekxP


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 17:37:57.04 ID:CAP_USER*.net
    浅田真央SP5位、首位は宮原 全日本選手権 

    <フィギュアスケート:世界選手権代表選考会兼全日本選手権>◇第2日26日 

    3年ぶり7度目優勝を目指す、元世界女王の浅田真央(25=中京大)が62・03点で5位に入った。今回のSPはNHK杯、GPファイナルと苦しんだジャンプの難度を下げて演技を構成していた。 

    昨年の女王、宮原知子(17=関大高)は73・24点で1位。本郷理華(19=邦和スポーツランド)が68・39点で2位。樋口新葉(14=開智日本橋学園中)が67・48点をマークし3位に、村上佳菜子(21=中京大)は66・02点で4位だった。ジュニアGPファイナル銅メダルの本田真凜(14=関大中)は58・23点を記録した。 



    1位 宮原知子 関西大中・高スケート部  73.24 
    2位 本郷理華 邦和スポーツランド  68.39 
    3位 樋口新葉 日本橋女学館  67.48 
    4位 村上佳菜子 中京大  66.02 
    5位 浅田真央 中京大  62.03 
    6位 白岩優奈 京都醍醐FSC  61.92 
    7位 永井優香 駒場学園高  60.42 
    8位 新田谷凜 愛知みずほ大瑞穂高  60.10 
    9位 青木祐奈 神奈川FSC  58.96 
    10位 松田悠良 中京大中京高  58.76 
    11位 本田真凜 関西大中・高スケート部  58.23 
    12位 木原万莉子 京都醍醐FSC  58.10 
    13位 横井ゆは菜 邦和スポーツランド  56.30 
    14位 磯邉ひな乃 立命館宇治高  55.69 
    15位 今井遥 新潟県連  55.20 
    (以下省略) 

    CXJChLWWYAAbxq-


    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000104-nksports-spo 

    順位選手名所属得点
    1位宮原知子関西大中・高スケート部73.24
    2位本郷理華邦和スポーツランド68.39
    3位樋口新葉日本橋女学館67.48
    4位村上佳菜子中京大66.02
    5位浅田真央中京大62.03
    6位白岩優奈京都醍醐FSC61.92
    7位永井優香駒場学園高60.42
    8位新田谷凜愛知みずほ大瑞穂高60.10
    9位青木祐奈神奈川FSC58.96
    10位松田悠良中京大中京高58.76
    11位本田真凜関西大中・高スケート部58.23
    12位木原万莉子京都醍醐FSC58.10
    13位横井ゆは菜邦和スポーツランド56.30
    14位磯邉ひな乃立命館宇治高55.69
    15位今井遥新潟県連55.20
    16位上野沙耶関西大55.05
    17位坂本花織神戸FSC53.90
    18位高橋美葉札幌大52.41
    19位加藤利緒菜長尾谷高52.35
    20位鈴木春奈日体荏原高スケート部51.49
    21位西野友毬明治大49.81
    22位大庭雅中京大49.52
    23位小槇香穂就実学園47.38
    24位森千夏愛知みずほ大瑞穂高45.84
    25位安原綾菜関西大42.96
    26位大矢里佳中京大中京高42.78
    27位細田采花関西大41.44
    28位谷口美菜中京大中京高37.08
    29位土橋亜海北海高35.82
    中塩美悠広島スケートクラブ欠場 

    ソース
    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/5497
     

    全日本選手権2015:宮原知子:SP





    宮原知子:インタビュー






    全日本選手権2015:浅田真央:SP



     


    浅田真央:インタビュー

     
      【全日本選手権2015・女子SPは宮原知子が首位発進。浅田真央は5位と出遅れる】の続きを読む


    今回の総合一位、おめでとうございます。さらにショート、フリーともにパーソナルベスト、世界ランクも2位になられてその勝因はなんだと思いますか?以前と練習を変えたりしていますか?と伺うと「練習自体は特に大きく変えていないです。ジャンプについては世界選手権前から回転不足にならないように重点的に練習してきました。」

    他の選手も回転不足に苦しんでいましたね?

    「試合にもよるというか。特にジャッジが厳しい試合も時にはあるので。でもちゃんときっちり飛べば、どの試合でもポイントになりますから。あとは今シーズンのプログラムを新しく作り直しました。」と、地道にひとつひとつ、丁寧に練習を積み重ねられている様子が伝わってきました。


    以前のインタビューで衣装や振り付け、曲はほとんどまわりに任せているとおっしゃっていましたが。最近はいかがですか?


    「衣装はお任せしていますが、今年のフリーに関しては振り付けはコーチと、振り付けの先生と、私の3人でやりました。何曲何曲も聞いて、最後は自分で決めました。」

    fig23_ph1
     
     

    マイブームは、お弁当づくり。

    趣味について伺ってみると。「料理をするのが好きですね。かぶと柿のサラダがおいしかったです。かぶを母の知り合いの方にもらったので作ろうかなと思って。家族にも振る舞いました。好評でした。」じゃあ、今はまっているものも料理ですか?と伺うと、
    「お弁当を自分で作る事です。色々冷凍しておいて、毎日違うの作ったりするんですけど。ほうれん草や、人参の胡麻和えとか作ります。卵焼きは少し苦手ですが」といきいきと語ってくださいました。

    fig23_ph2
     

    メイクはちょっとまだ…笑

     プライベートでもメイクするようになりましたか?と伺うと、

    「プライベートではメイクしないですね。試合中のメイクはコーセーのメイクアップアーティストの石井さんのおかげで上手になりました。」
    と、有り難いメッセージをいただくことができました。
    最後に今年度の抱負をお願いします。
    「いつでも、自分の演技ができるようにがんばります。」と一瞬にして17歳の高校性というよりも、アスリートらしいストイックな表情にすっと戻り、
    貫禄を感じさせてくれました。

    ソース
    http://www.kose.co.jp/jp/ja/kose_sports/fig/repo23.html 


     
    【宮原知子選手がインタビューでNHK杯優勝の勝因や私生活でのマイブーム等を赤裸々に語る】の続きを読む

    50690376


    233: 氷上の名無しさん 2015/12/21(月) 01:06:50.40 ID:QwFTKaOz0.net
    この2シーズン振付を自分のものにしてて見てて気持ちがいい 
    今から来シーズンのプロが楽しみ 
    ランビの競技プロやってくれないかなあ


    【宮原知子の今シーズンのミスをしない演技構成を見ていると来シーズンの演技にも自然と期待が高まってくる】の続きを読む

    CWJ_WJrU4AALTbG


    キャシー・リードさん今春引退、日本で指導者への道を歩み始める

    フィギュアスケートで日本のアイスダンスを支えてきた選手が指導者への道を歩み始めた。昨季限りで引退したキャシー・リード・コーチ(28)。今夏から宮原知子(さとこ)と木原万莉子を指導する浜田美栄コーチらとともに指導にあたっている。

    宮原と木原が出場した11月末のNHK杯では、選手とともにキス・アンド・クライ(採点を待つ席)にも座った。「トップスケーターではなかったけれど、けがとか苦しい経験もした。私の経験を生かしたい」と意欲を見せている。

    米国人の父と日本人の母を持ち、弟のクリスと組んで2010年バンクーバー、14年ソチの2度の五輪と、8度の世界選手権に日本代表として出場した。だが左肩を痛め、弟のけがも重なって今年2月の4大陸選手権を欠場した時に「頭と体が一体にならなくなってしまった」。3月の世界選手権を終えた後、引退を決めた。

    指導者になるのは夢だった。引退後に米国で左肩を手術して休養していた時に、米国を訪れていた浜田コーチと会った。「日本で教えたい」と意向を伝え、7月から約2週間の試用期間を経てチームの一員になった。

    忙しい日々を送る。「ハードな仕事だけど、とても楽しい」。アイスダンス出身の選手らしく、スケーティングの基礎や体の使い方、ステップ、音楽のリズムの取り方や表現を指導する。10月のスケートアメリカ後は、ステップの評価が伸びなかった宮原に徹底指導。宮原はNHK杯でショートプログラム、フリーとも最高のレベル4を得た。

    さらに無良崇人、永井優香らにも指導。振り付けも行っており、11月の全日本ジュニア選手権2位の白岩優奈(京都醍醐ク)のSPなどを担当。選手の特徴や性格に合ったプログラムをつくり、振付師の才能の片りんも見せる。

    夢は五輪選手育成 第二の人生でかなえたい多くの夢がある。「アイスダンスの選手を幼い頃から教えて育て、五輪に出場させたい。アイスダンスのテクニカルスペシャリスト(選手が行った要素の種類やレベルを判定する審判)もやりたい」。スケートへの情熱は尽きない。

    20151219-00000035-mai-000-view


    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000035-mai-spo 



    【キャシー・リードが指導者への道を歩み始める。宮原知子にも徹底指導で魅力を最大限に引き出す】の続きを読む

    このページのトップヘ